So-net無料ブログ作成
検索選択

不思議な眠りの花 [花物語]

ギリシア神話から 
柘榴の実を口にしたため、恵みの女神デメテルの娘ペルセポネは、冥界の王ハデスにさらわれます。女神デメテルは眠りを忘れるほど、ベルセポネの行方を追いつづけました。あるとき、冥界を思わせるような眠りの神ピュプノスの宮殿を訪れます。それは、太陽神が一度も訪れたこともない、雲と霧に覆われ、冥界のレーテ川の水音だけが聞こえ、不思議な色で香りがない花が、一面に咲き乱れていました。眠りの神のヒュプノスは、「あなたは眠らなければ、植物達は次期に枯れていくでしょう。」と云って、小さくて不思議な花の実を渡します。それが芥子の花の実。眠りの神ピュプノスは芥子の花を摘み、液を集めては、地上に夜が来ると、これを一面に撒き散らすのです。鳥も獣も人間も全ての生き物を眠らせる・・・。眠りの神ピュプノスは、どれも同じ姿をした夢を廻り漂わせ、眠りについた人間に夢を与えているのでした。この芥子の花言葉は忘却といわれています。

この青い芥子は、Dennis Magnussonの花の画で"Blue Himalayan Poppy"です。つまりヒマラヤの青いケシなのです。世界の名花といわれる所以は、天空に咲く奇跡の花だからなのです。世界最高峰の山々が連なったヒマラヤ山脈やそれに続く、中国 雲南省、四川省、東部チベット、ミヤンマーに咲き誇る眠りの神ピュプノスの宮殿。3000m~5000mの高地にしか咲かない幻の名花とも云われ、神秘的な美しさで見る人を魅了する不思議な花です。

The Routledge Handbook of Greek Mythology
Based on H.J. Rose's Handbook of Greek Mythology

The Routledge Handbook of Greek Mythology:Based on H.J. Rose's Handbook of Greek Mythology作者: Robin Hard
出版社/メーカー: Routledge
メディア: ハードカバー
和書 ギリシャ神話集


nice!(1)  コメント(4)  トラックバック(0) 

nice! 1

コメント 4

TAKAYA

エジプトの青い蓮に、ヒマラヤの青い芥子。そして遺伝子組み換えのサントリーの青いバラと、「伝説の青・青・青」ですが、このヒマラヤの青い芥子は、ケシ科 メコノプシス属 学名:Papa veraceae Meconopsisとありました。ラテン語meconopsis betonioifoliaの「mecon(ケシの意)」と「opsis(似るの意)」らしく、つまり阿片は採取できないということを、命名したのでしょうか。(笑)眠りの神ピュプノスの神殿には、この青い芥子は咲いていないのでしょう。神は、阿片の力で、眠りと夢を支配したんですよ。ちなみに、僕のBLOGのIDは、ブルームーンです。http://blog.oricon.co.jp/soratukihosi/
by TAKAYA (2006-03-27 11:53) 

fu-

toTAKAYA
満月を二度見ることがある。ブルームーンという薔薇もありますね。本当に、TAKAYAさんの月は青い輪郭が美しい~。この青は、神秘なのですね。眠りの神ピュプノスの神殿には、赤い芥子が咲き誇っているのでしょう。青い芥子は、眠りの神ピュプノスの枕元に。眠ってしまわないように。(笑)
by fu- (2006-04-16 21:49) 

mama-witch

 ヒマラヤの青い芥子。一度は本物を見てみたい、と願っているもののひとつです。この写真を見た娘が、北海道で青い芥子が見つかったというニュースがあるよ、と教えてくれました。私は見てないので残念!
 人気写真ブログのsilvermac さんが訪れた松江の博物館の写真には、ほんのチラリと載っていましたけど。何しろ本物が見たいな。
by mama-witch (2006-06-20 10:12) 

fu-

mama-witchさんがみたいという「ヒマラヤの青い芥子」が、北海道で見つかったといお話で、札幌の百合が原公園と滝野公園にあるようです。silvermac さんは島根県松江の博物館の写真ということですが、松江フォーゲルパークのことなのかしら。ここには、珍しい花と鳥がいるらしいですよ。青い芥子は、北海道以外では、なかなか栽培が難しいようですが、阿片は採取できないので、個人でも栽培できるといいます。育て方が我が子以上に手をかける花。札幌でお仕事があるといいですね。ただ季節は5月の頃に限られますが。

みたいみたいという花は、じつは私もひとつあります。根尾谷淡墨桜です。これまで、花というものは、風景の一部に過ぎなかったのですが、「その花が見たい」と思うようになりました。年齢とともに、すこし「情緒」が育ったのだなぁと思うこのごろです。
by fu- (2006-07-03 14:48) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。