So-net無料ブログ作成
検索選択

ルルドの泉 [天地 あまつち]

川の向こう岸のマサビエルの洞窟へ渡ろうと少女は思いました。そのとき2度にわたり、突風が吹く音が聞こえるのです。その少女は、音が聞こえたマサビエルの洞窟の方に目をこらすと、光の中に白い衣装と白いベール、手には白い玉と金の鎖、足元には黄色い薔薇の女性を見ました。まさしく聖母マリアです。

彼女こそ、1858年2月11日、薪ひろいにやってきたルルド村に住む14歳の貧しい家の少女ベルナデット(ベルナデッタ)・スビルーでした。

あるとき白い貴婦人-聖母マリアは、ベルナデットに「泉の水を飲み、その水で洗いなさい。」と言いました。その場所をベルナデットが掘ってみたところ、そこから水がどんどん湧き出てきて泉になったのです。これがすべてを癒す力があるルルドの泉。本当なのでしょうか。

Saint Bernadette Soubirous
彼女は尼僧となりましたが、1879年4月16日、肺結核により35歳の若さで他界します。そしてベルナデットは、いまもその美しい姿のまま眠っています。写真は、150年前の姿のままベルナデッタ。

聖ベルナデッタ・ヌヴェール 公式ホームページ


nice!(0)  コメント(4)  トラックバック(1) 

nice! 0

コメント 4

mari

ベルナデットが亡くなってから150年もの間、姿がそのままというのが、大変不思議で興味深いです。「泉の水を飲み、その水で洗いなさい。」と云われたとありますが、その泉の水の効力なんでしょうね。「その水」でどこを洗ったんでしょうか。ベルナデット・コードの謎はそこにあるのかもしれません!
by http://mari-note.cocolog-nifty.com/blog/
by mari (2006-05-21 00:45) 

sai

美しいとは思う。でもこの写真、死んでいるのでしょ?
僕、ちょっと眠れない。
http://renessance.jugem.jp/
by sai (2006-05-21 00:54) 

fu-

to mari
「泉の水」で、不老不死は得られなかったものの、不廃を得たのでしょうか。
若冲の第3期作品、拝見しましたよ。
by fu- (2006-06-20 02:17) 

fu-

to sai
死んでいるとは思う。でもこの写真美しいでしょ?
私、ぐっすり眠れた。(笑) mixiのコメントの続きで!
by fu- (2006-06-20 02:19) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 1

この記事のトラックバックURL:
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。