So-net無料ブログ作成
検索選択

ダリ Dali の格別な女たち

Salvador Dali's Dream of Venus: The Surrealist Funhouse from the 1939 World's Fairゴージャスな雰囲気を纏う一人の女性。誰でも一度は夢見るシーンではありませんか。こちらはダリの洋書、Salvador Dali's Dream of Venusです。

シュレリアリズムのサルバドール・ダリ。ポール・エリュアールの妻ガラと結婚し、ガラはダリの作品(ポルト・リガートの聖母など)にも登場しています。エレナ・ディミトリエヴナ・ディアコノワ(Елена Димитриевна Диаконова)は、ガラ・エリュアール(Gala Eluard Dalí ガラ・エリュアール・ダリ)と呼ばれていました。

1929年夏にダリと恋をしたガラという女性。恋多き女性の代表でもあるのですが、「悪妻」という序列には、なぜか登場していません。エリュアール、ダリと二人の妻であった「ガラ」は、常に新しい恋に、性衝動を抑えられなかったといいます。

書籍 Salvador Dali's Dream of Venus: The Surrealist Funhouse from the 1939 World's Fair より つまり、その男性の才能の開花、性の官能性などのインスピレーションを与える女性だったのではないでしょうか。欲しいものを手に入れさせてくれる「女神」なんですね。

さて、ダリの格別の女性は、ガラだけではなかったのですね。ダリをパトロンにし、デビット・ボウイの恋人でもあったアマンダ・リア。

彼女の回顧録によると、ダリは性的不能。しかも両性具有という噂があったアマンダ・リア。

奇抜なファッション、特異な顔だち、特殊な感覚と行動は、パラノイアック・クリティック(偏執狂的批判的)である狂気の天才ダリと、惹かれあって当然でしょう。

私はアマンダ・リアとは、もっとも女性的な女性だったと思っています。たくさんの恋の維持や、結婚、そしてスーパースターの座に疲れ、最後の結婚相手には、富豪のアラン・フィリップ侯爵を選んだからです。女性が結婚を決意するひとつの理由ですもんね。(笑)

PHOTO (C)Salvador Dali's Dream of Venus: The Surrealist Funhouse from the 1939 World's Fair


nice!(2)  コメント(6)  トラックバック(2) 

nice! 2

コメント 6

上野の森美術館は大変なことになっているみたいですね。この前通りかかったら入場制限していました。何年か前にバルセロナから電車に乗って、フィゲラスのダリ美術館まで行ったことを思い出しました。
by (2006-11-27 22:51) 

pin

ダリ。絵やものを作ることができて本当によかった。と思う人です。
by pin (2006-11-28 20:53) 

mama-witch

コメント、ありがとうございます。
身辺急展開。日々、超多忙の毎日が続いています。
某編集部に勤める友人K氏が軽い交通事故に遭い、彼が担当する事になった総ページ数92ページの別冊が進行できず、私が代行せざるを得ず、しかし〆切はわずか一ヶ月。
おまけに例の愛弟子「こまじょ」を、やっとK氏の勤める編集部に押し込んだはいいものの。なんと初仕事がこの別冊の編集アシスタント。
マーケティングデータのまとめ方、資料化の方法、編集・企画への活用方法、編集技術、と教えながらのサポートも同時並行作業となり・・・。
毎日が24時間ではとても足りない、という状況に置かれています。
来月は還暦を迎えるというのに、真夜中、PCのキャリーケースを担いで、チャリで打合せ場所に向かい、明け方近くまで編集サポート、という、信じられない毎日です。
おまけにこれ、全て友人ボランティア(笑)。
こんな歳になっても、頼ってくれる若い友人たちが居てくれることは、きっととても幸せなことなのだと思っていますが、流石に、かなりきつい。
とぼやきつつ。ブログ更新などとてもままならない状況なのに、忘れずコメントをくださったfu-さんに、とても感謝しております。
〆切は3月7日。
それまではどうにもならない状態ですが、fu-さんもどうか無理なさらず、私が楽しみにしている、素敵な記事を、これからもお願いします。

ちなみに、私がダリに出会ったのは、今から約43年前。
美大受験を決心したばかりの高校生だった私は、某ホテルで開かれたダリ展にたった一人で出かけ、素晴らしいカルチャー・ショックを受けて、夢を大きく膨らませたことを、昨日の事のように覚えています。
以来、シュールレアリズムは、私の美意識の原点に、ずっと居座り続けているようです。

またまた長コメントになりましたが、どうぞお体大切に。
目的を持った人生は、40代からが本番ですから。
40代の若さが実に羨ましい、mama-witcでした(笑)。
by mama-witch (2007-02-06 12:20) 

fu-

gonさん

>バルセロナから電車に乗って、フィゲラスのダリ美術館まで行ったこと

本当にgonさんは、「芸の間」に身を置いていらしゃる。羨ましい限り。オペラの記事なども拝見して、場面を想像できる。それは、いろんなものに触れているからこそ、表現が豊かなのでしょうねぇ。

今回のダリ展は、結局行く機会がありませんでした。なんせ交通費がかかるので。今年の3月には、東京出張を狙っているのですが。
by fu- (2007-02-12 14:33) 

fu-

pinさん。

>絵やものを作ることができて本当によかった。

それがなければ「タダの人」~でしょうか。それともシュールな人?(笑)

pinさんの「2006-02-27」の記事
http://blog.so-net.ne.jp/chatgris/archive/20060227

「ガラのどこがそんなにいいのか」と言われて、
「ガラがこのくらい(5センチぐらい?)だったら、食べててしまいたい。」
と言っていたというのを聞いた。なんだか切ない話だ。

とありましたね。

私、このpinさんの一言。とっても印象に残りましたよ!そうですよね!
by fu- (2007-02-12 14:45) 

fu-

mama-witchさん

どうですか、体調は!

>マーケティングデータのまとめ方、資料化の方法、編集・企画への活用方法、編集技術、と教えながらのサポートも同時並行作業となり・・・。

1日48時間必要な気配。

私も、「審美歯科」の空間プロデュースと制服デザイン(素材とカラーの提案だけ)と、はじめて手がけるものに挑戦し、若干の疲労を覚えていますが、久しぶりに、心地よさを味わいました。

>ちなみに、私がダリに出会ったのは、今から約43年前

mama-witchさん。全然、年齢を気にしたことがなかったくらい、年齢を感じさせないパワーをお持ちでいらっしゃる。ちょっと驚きました。2つ3つくらい先輩かなぁと思っておりましたので。

でも、これだけのお仕事や、海外デザイナーの舞台などを手がけているmama-witchさんですから、当然その世代と気がついてもよいくらいでしたね!

私も、mama-witchさんのように、品格を重ねられる仕事を続けたいと願っています。

ですが!どうぞ無理なさらないで。
by fu- (2007-02-12 15:07) 

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 2

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。