So-net無料ブログ作成
検索選択
美に生きる ブログトップ

Die Verwandlung 変身抄 [美に生きる]

有名な精神分析者、シグムンド フロイドの孫、ルシアン フロイドは、現代生存中の有名な画家の一人です。画風は祖父の影響をもちろん受けて、シンボリズム風で、ショッキングなヌードを好む画家ともいえます。

その彼が描いた「ネーキッド・ポートレート2002」は、昨年のクリスティーズのオークションで、390万ポンド(約7億7千万)で落札され話題になりました。

描かれたのは、これまでココ・マドモアゼルとしてつとめていたケイト・モスのマタニティ時代。


続きを読む


愛の極限 カミーユ・クローデル [美に生きる]

ワルツカミーユのアトリエを訪れたポールの日記には次のように記されています。

「狂ったカミーユ。・・・中略・・・おぞましい不潔さ、彼女はものすごく肥って、顔は汚れたまま、単調で金属的な声でひっきりなしにしゃべっている」
by 訳:渡辺守章

カミーユが45歳のことです。そう、いまの私と同じ・・・45歳。

ロダンと決別した10年後のことです。その時代に、彼女は何が欲しかったのでしょう。弟のポールに、容姿や生活を貶されるような日々と姿に変わり果てるほどに・・・。




カミーユ・クローデル―天才は鏡のごとく
詩人のポールは、「この裸の若い女、それは私の姉なのだ。嘆願し、屈辱を受け、ひざまずく。あの美しく誇り高い女が、こんなふうに自分を描いている」と、ブロンズの「分別盛り」をそう語ったのです。

メルシャン軽井沢美術館では、「カミーユ・クローデル」展を5月21日まで開催しています。一生分の欲求を使い切ったあまりにも激しい愛と欲望のカミユの作品。


美に生きる ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。